読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護研究:量的研究編その1

まずは量的研究の分析方法を見てみたいと思います。

変数による分類

X:説明変数、Y:従属変数

1.X:質的、Y:量的

2.X:質的、Y:質的

3.X:量的、Y:量的

4.X:量的、Y:質的

5.その他

1.質×量

説明変数が質的変数、従属変数が量的変数の場合、

代表的な手法としてt検定があります。

が、t検定以外にもいくつかの方法があり

その中から適切に選択する必要があります。

検定方法を選択する際に必要となる情報とは?

a.正規分布しているか?(Y:正規分布/N:非正規分布)

b.説明変数が1つなのか?(Y:1つ/N:2つ以上)

c.対応があるか?(Y:あり/N:なし)

d.等分散か?否か?(Y:等分散/N:非等分散)

それぞれ2つの選択肢があり2通り×2通り×2通り×2通り=16通り

a.Y、b.Y、c.Y、d.Y→対応のある2標本t検定

a.Y、b.Y、c.Y、d.N→ウェルチのt検定

a.Y、b.Y、c.N、d.Y→対応のない2標本t検定

a.Y、b.Y、c.N、d.N→???

a.Y、b.N、c.Y、d.Y→乱塊法

a.Y、b.N、c.Y、d.N→乱塊法

a.Y、b.N、c.N、d.Y→一元配置分散分析

a.Y、b.N、c.N、d.N→クラスカルウォリス検定

a.N、b.Y、c.Y、d.Y→対応のあるウィルコクソン検定/符号付順位和検定

a.N、b.Y、c.Y、d.N→???

a.N、b.Y、c.N、d.Y→マンホイットニーのU検定

a.N、b.Y、c.N、d.N→Brunnner-Munzel検定

a.N、b.N、c.Y、d.Y→フリードマン検定

a.N、b.N、c.Y、d.N→フリードマン検定??

a.N、b.N、c.N、d.Y→クラスカルウォリス検定

a.N、b.N、c.N、d.N→クラスカルウォリス検定??

 

量多過ぎ…。

もう少し書くつもりでしたがまた次回に…。