グラウンデッドセオリーとはなにか??

グラウンデッドセオリーって結局何??

 

Grounded Theory Approach

日本語に訳すと『データに基づく理論化法』って感じらしい。

GTAは、データを基にして(ここから grounded と名付けられている)分析を進め、単なるデータの要約にとどまらず、データの中に出てきた現象がどのようなメカニズムで生じているのかを示す『理論』を産出しようとする 研究法である(ここから theory と名付けられている)。

 今までの質的研究の方法は

その現象が起こる要因の抽出を行い、その関係性を探る。

といった感じ。

グラウンデッドセオリーでは関係性の探索から一歩進めて

理論の産出を目指すものらしい。

そしてGTAのもう1つの特徴は、分析手順を科学的に構築し

客観性の高い理論化を目指している。

 

ここからは意外だったところ。。。

収集するデータの種類

通常はインタビュー法と観察法を併用することが多いが、文書、日記、手紙、メール、新聞、歴史的記録、カルテ、ビデオ、映画など、その現象に関わる様々なデータ も分析の対象にすることによって、現象を多角的に捉えようとする。くわえて、主となる人物の考えや行為だけでなく、それに影響を与える周囲の 人々からもデータ収集をおこない、1つの現象をいろいろな立場から見た複合的なデータを収集した方がよいと考えられている。

グラウンデッドセオリーというとインタビューのイメージだったので意外。

これは1つの物事を多面的に分析することが目的であり、

いわば出演者の相互関係の分析も行うことを目的としているから。

 

ただ、一番の謎はテクストの作り方。

分析のスタートはコーディング。その元になるのがテクスト。

ただ、カルテや文書からどうやってテクストを作るのか??

そこは謎のまま。

 

あとはGTAっていろんなバージョンがあってわからない。

 

参考&引用はSFC:戈木グレイグヒル滋子先生(日本におけるGTAの第一人者)。

http://gakkai.sfc.keio.ac.jp/journal_pdf/SFCJ14-1-02.pdf

 

 

 

 

管理者権限で開くコマンドプロンプト

前回のMeCabのブログで

「管理者権限がなく方法を変えたらうまくいった」と書きましたが、

じゃぁどうしたら管理者権限を取得できるのか??

 

 

コマンドプロンプト(管理者)」ってのを開けばいいんです。

windows10の場合(windows8も共通)

スタートメニューを右クリック

⇒真ん中くらいにコマンドプロンプトコマンドプロンプト(管理者)があるので

 コマンドプロンプト(管理者)を開く。

                        以上

 

病院や学校などでする場合は、管理者としてログインできないので

コマンドプロンプト(管理者)はないと思われます。

おそらくMeCabを初めてのコマンドプロンプトでさわろうとする人って

稀有なんだと思いますが、意外な落とし穴でした。

MeCabのユーザー辞書追加で引っかかった⇒解決した。

日本看護学会論文集のデータを取ってきてRMeCabで遊んでたんですが

「看護師」が「看護」と「師」に分かれてしまう。

ほかにも医療系用語に対応できていない部分がいくつか…。

ということでユーザー辞書の追加にトライしていたんですが…。

いくつかのサイトを参考にしながら

C:\Program Files (x86)\MeCab\bin>mecab-dict-index -d "C:\Program Files (x86)\MeCab\dic\ipadic" -u ComeJisyoV3.dic -f utf-8 -t utf-8 ComeJisyoV3.csv

これを実行すると…

reading ComeJisyoV3.csv ... 41592
emitting double-array: 100% |###########################################|

done!

うまくいったように見えたんですが必要なファイルができない。

 

いろいろなミスがあったみたい。

1.xxx.dicが作成されない。

→管理者権限で実行していなかった。

Cドライブ(programfiles??)は管理者権限が必要なので

エラーしないものの生成されなかったみたい。

ほかのドライブをしてすることで解決。

 

2.辞書が読み込まれない。

文字コードが違ったらしい。

ユーザー辞書ファイルが作成できたあと、実行すると...

viterbi.cpp(50) [tokenizer_->open(param)] tokenizer.cpp(130) [sysdic->isCompatible(*d)] incompatible dictionary: dic\ipadic\ComeJisyoV3.dic

どうも文字コードが違うらしい。

ということでSHIFT-JISに文字コードを変更して手順をし直すと

 

できましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

                            (終わり)

 

インターネットで見れる看護系文献

日本看護学会

日本看護協会会員ダイレクト

抄録:2010-

論文集:2011-

日本看護科学学会

J-STAGE

1981-

日本看護管理学会

日本看護管理学会ホームページ

1997-発行から1年以上が経過したもの

日本看護技術学会誌

J-STAGE

2016年から

日本がん看護学

J-STAGE

2016年から

日本公衆衛生看護学会誌

J-STAGE

2013年から

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌

J-STAGE

2012年から

 

 

これを待ってた!!googleカレンダー対応シフト管理アプリ

最初の頃に書いたgoogle calendarの記事。

wataru-english.hatenablog.com

看護師って普段の業務はその勤務で完結することが基本。

なので24時間のスケジュール管理は必要ないんですが、

複雑なシフトを登録できることが必要。

スクリプト書くつもりだったんですが、

こんなアプリを見つけちゃいました。

play.google.com

探していたのはgoogleカレンダーと連携できること。

シフト対応のカレンダーはたくさんあるんですが、

googleカレンダーとは連携できず。

でも忘れたころにやってくるのが物事の条理。

1.シフトが事前に登録できて

2.googleカレンダーとも連携できる。

まさに求めていたアプリです。

使い始めて2か月目ですが、全く不便がありません。

テキストマイニングやってみる~その0~

現在、看護研究をいろいろまとめていますが、

それとは別に自分でおもしろいことをやってみたいなと。

 

去年、Rを使っていた時にslideshareでいろいろ調べていました。

そこで見たのがテキストマイニング

12月の日本看護科学学会に行った時にもいくつかあったんですが、

あまり使いこなせていない印象(簡単にしか見ていませんでしたが…)。

 

そこで自分でトライしてみようと思います。

目標は簡単に分析して院内の学会に出すこと。

 

テキストマイニングの勉強にはこれ。

Rによるテキストマイニング入門

Rによるテキストマイニング入門

 

 看護でテキストマイニングというとこんな本もあるんですが…。

テキストマイニングで広がる看護の世界

テキストマイニングで広がる看護の世界

 

Text Mining Studioというソフトのマニュアル本なので却下。

Rを使えているのにほかのソフトを使う必要はないっしょ。

 

問題のデータですが、ツイッターか看護系の何か。

今考えているのは、というかこれで確定かもですが…

日本看護学会の研究タイトルを対象にするとおもしろそうと思っています。

分野や所属によって頻出ワードに違いがあるのか。

さらに進めると、年度によって違いが出てくるのかなども見れないかと。

 

随時、現状報告していきたいなと思います。

 

最後に、看護研究っていう雑誌がありますが、先見の明がすごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護研究:量的研究編その2

前回、量×質をまとめました。

 

wataru-english.hatenablog.com

 

今回は量×量。

だからと言って、いわゆる「r」だけじゃありませんよ(笑)

 

1.正規分布を仮定できる連続尺度の場合

いわゆる相関係数。

ピアソンの相関係数ですね。

2.正規分布が仮定できない連続尺度の場合

この場合は順位相関係数。

スピアマン or ケンドール。

大きくは違わないらしい。

3.順序尺度の場合

通常の相関係数で行うとうまくいかないらしい。

qiita.com

上の記事がすごくわかりやすいです。

特殊な方法を用いて正規分布を仮定できるようにして

相関係数を求めようとするのが『ポリコリック相関係数』。

2値データでもできますが、

正規分布を仮定できる変数でないとダメと。

 

相関係数も意外に奥が深い。

1、2についてはそれぞれに対応する回帰があり、

さらに検定がありと。。。

とりあえず「正規分布で相関」でいいじゃんみたいな感じでしたが

いい勉強になりました。